体から心を整える整体で『心と体は繋がっている』を体感!だから納得!

『リズム運動』で自律神経を整える

自律神経のバランスを整えるためにお勧めしたい運動は、「ウォーキング」です。

ウォーキングなどのように、一定のリズムを刻んで体を動かす運動は、自律神経を整える効果があります。

ここで、ウォーキングなどと言ったのは、『リズム運動』は他にも様々なものがあるから。

例えば、

誰でもやっている呼吸、ものを噛むときの咀嚼、ジョギング、マラソン、水泳、ヨガ、太極拳、ドラムを叩く、・・・

挙げるときりがありません。

生まれたばかりの赤ちゃんが、産声をあげながらするのが「呼吸」です。

実はこれ、人が最初に行うリズム運動です。

赤ちゃんが、お母さんのお乳を吸うのもリズム運動。

リズム運動の幅は、成長に伴い種類が増えていきます。

自分の生活に合ったものを選択し、意識的に取り入れることで、ストレスが解消され、生活が快適なものに変わるはずです。

ここでは、誰でも簡単に実践できるような方法として、ウォーキングを選んでいます。

ウォーキングであれば、体をまったく動かす習慣のない方でも、はじめるのにあまり抵抗は感じないのではないでしょうか。

もし、普段からジョギングをしたりジムへ行ったりなど、いわゆるトレーニングをしている人はそのまま継続してもらえればいいと思います。

ただし、一つだけ注意して欲しいことが!

普段運動をまったくしない方も、そうでない方にもいえることですが、「あまり頑張り過ぎない」ということです。

あまりハードになってしまうと、交感神経がハネ上がってきますので注意が必要です。

リズム運動は、体が一定のリズムを刻みさえすればいいのだから、激しくする必要はありません

もしウォーキングをしていて、体のどこかに違和感や痛みを感じたのなら、その時点で無理をしないで止めてください。

目的は、カロリーを消費することでも、痩せることでも、筋肉を鍛えることでもありません。

もちろん結果的には、それらの効果も期待できるですが、ここではあくまで、自律神経を整えて快適な体を取り戻すことを目的としています。

くれぐれも、頑張り過ぎて、ウォーキングで疲労してしまわないようにしてくださいね。

集中して頑張ってしまわないように、以下のようなことに意識を向けながら歩くといいですよ。

脚の動きを感じながら
芝やアスファルトの匂いを感じながら
周りの景色を目や体全体で感じながら
風や空気の纏わりを感じながら

歩くのがお勧めです。

もちろん!ただただ、散歩を楽しむでも大丈夫ですよ。

実際、脳科学の世界では、5分間のリズム運動でセロトニン放出量が増えることがわかっているようです。

セロトニンとは、簡単にいうと、「安らぎ」や「くつろぎ」といった感情を基盤とした穏やかな幸福感をもたらす「癒し物質」のことです。

私たちが幸せを感じ癒されるためには、セロトニンが体内でしっかりと分泌されていることが必要です。

自律神経を整えることだけでなく、「癒し物質」のセロトニンを活性化することもできるウォーキングを、「5分」から続けてみるのはどうでしょう。

普段ほとんど運動らしきものはしていない人は、あくまでも「体の調子を整える」くらいの気持ちで、はじめてみると長く続けられますよ。

歩き方にも、負担をかけない歩き方があるのですが、ここではその説明は省きます。

詳しく知りたい方は、ぜひ当院までご連絡ください。

お客様のリアル口コミ

整骨院Axis 院長 仲松大地

自分の身体への自信を無くしてしまっていませんか?

でも、その必要はありません。

あなたの身体にも治癒力は備わっています。

施術やケア法での体感を通して、あなたに治る自信を持ってもらい、不調のない快適な身体を手に入れていただきたいと思います。

整骨院Axisの紹介動画

リラックスできる「空間」

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

無料トレーニンング動画

Facebook

LINEで予約する

LINEでのご予約・ご相談は、24hいつでもOKです。

友達追加は下のバナーをクリックしてください。

 

メールで予約する

メールでのご予約・ご相談は、24hいつでもOKです。

PAGE TOP