不安や緊張を感じたら・・・、呼吸を意識して副交感神経を高めてみましょう!

意識的に呼吸をして副交感神経をあげる

『呼吸』は自律神経を整えるのにとても役立つことがわかっています。

でも!

ほとんど意識することもないのではないでしょうか。

2~3分続けるだけでも、自律神経の数値が上がったり、血流が良くなったり、気持ちも落ち着くといった研究結果がでています。

「試さない手はない」ですよね(^^)

呼吸法について調べると、色々と出てきて迷ってしまうと思います。

「何秒で吸って、何秒で吐く」
「吸ったときにお腹を膨らませて、吐くときにお腹を凹める」
「肩甲骨を寄せた状態をキープして胸を張って、骨盤を立てて・・・」

・・・・・・続けられません。

筋肉に無駄な力が入ってしまいリラックスできません。

筋肉の緊張に意識がいってしまうのがわかるはずです。

ここでは、比較的簡単に無理せずにできる方法を提案します。

意識して欲しいポイントは、〝吸うよりも吐く息を長くする〟こと。

それだけです!

まずは、「頑張らずに楽に吸ってみる。入ってくる分だけを吸う。勝手に出ていく分をゆっくり吐く。」を試してみてください。

自然と吐く息も長くなっているはずです。

副交感神経の活動レベルが上がりますので、自律神経のバランスも整ってきます。

不安が強いとき、緊張しているとき、腹が立っているとき、集中力がなくなっているときなど、意識して〝吸うよりも吐く息を長くする呼吸〟をしてみてください。

この呼吸法で身体の変化を実感して興味を持たれたら、他の呼吸法を調べて試してみるのもいいですね。

整骨院Axis 院長 仲松大地

整骨院Axisの紹介動画

お客様のリアル口コミ

無料トレーニンング動画

LINEで予約する

LINEでのご予約・ご相談は、24hいつでもOKです。

友達追加は下のバナーをクリックしてください。

 

メールで予約する

メールでのご予約・ご相談は、24hいつでもOKです。

PAGE TOP